アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「古の美」のブログ記事

みんなの「古の美」ブログ

タイトル 日 時
さくら咲く遠山郷
さくら咲く遠山郷 飯田(国道251号線)から秋葉街道(国道152号線)を通って、日本の原風景を訪ねてみました。訪問の第一目的は“下栗の里”だったのですが、途中“氏乗の枝垂れ桜”に遭遇しました。ちょうど見ごろを迎え、水仙とハーモニーを奏でていました。また、昭和の原風景“木沢小学校の桜”も訪ねることが出来ました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/22 22:28
東寺(桜満開)
東寺(桜満開) 夜桜を見た2日後の昼、再訪問です。もちろん目的は桜と五重塔の写真! タイトルは「桜満開」としましたが、実際は強い風と雨でだいぶ散り始めていました。それでも、今年は桜の開花が例年に比べ遅れたため、京都訪問と桜開花の同期がとれました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/22 00:06
東寺(夜桜ライトアップ)
東寺(夜桜ライトアップ) 東寺の夜桜です。満開の報道があってから2、3日後の訪問です。残念ながら三脚は持ってなかったため、ISO感度を上げ、絞りを開放にしてシャッタースピードを稼ぎ、手持ちで撮影しました。手振れ写真の大量発生が心配でしたが何とかなりました。やはりお寺と夜桜のライトアップは絵になりますね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/21 23:21
浅草界隈
浅草界隈 東京に用事があり、ついでに浅草界隈を写真散歩してみました。定番コースの写真ですがご覧下さい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/22 23:31
五百羅漢
五百羅漢 「五百羅漢」とは、「仏教で供養尊敬を受けるに値する 500人の人々」と言うような意味と言うことですが、兵庫県加西市北条町の羅漢寺には「親が見たけりゃ北条の西の五百羅漢の堂に御座れ」と謳われた五百羅漢があります。郷愁を誘い、また愛おしさを感じさせる風貌の石仏に会い、何百年かの昔、戦争か飢餓で無残な死を遂げた人が沢山あり、先霊供養を志してこれらの造立悲願をかけたと思われる人々の心に思いを馳せました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/19 20:55
白い城
白い城 白い城といえば真っ先に姫路城を思い浮かべますが、ライトアップされた大坂城も白亜のお城です。昼間何度か訪れていますが、やっと夜の大坂城を訪問することが出来ました。暗闇に浮かぶ白亜のお城、良いですね。秀吉さんもタイムスリップしてきたら、さぞかし驚くことでしょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/31 00:00
丸亀紀行
丸亀紀行 江戸時代に盛んだった金毘羅参り、金毘羅五街道のうち、最も栄えたのが丸亀街道(金毘羅街道)です。今回はその金毘羅街道と丸亀城を訪ねました。遠い昔に思いを馳せ、タイムスリップした気分で写真もアートフィルターをふんだんに使ってみました。ご覧ください。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/16 16:58
信州長野を訪ねて
信州長野を訪ねて 長野の名所、旧跡を訪ねました。新しいレンズを購入したので今回が実践デビューです。評判通りくっきり・はっきりの写真が撮れます。長野市内の紅葉はちょっと早かったのですが天気も良くて、お気に入りの写真も、自己満足ですがたくさん撮れました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/10/15 22:09
広島城を訪ねて
広島城を訪ねて 原爆投下で倒壊した天守閣、消失した櫓は見事に復元されています。改めて、明治、大正、昭和を生き抜いた先人の復興力の偉大さを感じます。おかげさまで天候に恵まれ、色鮮やかな広島城の写真が撮れました。ご覧ください。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/11 19:48
毘沙門堂と石山寺
毘沙門堂と石山寺 毘沙門堂は“そうだ京都へ行こう!”で有名になったお寺です。紅葉でなくても良かったです!石山寺は西国三十三所観音霊場第十三番札所ですが、紫式部の方が有名ですかね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/22 19:52
勧修寺と醍醐寺
勧修寺と醍醐寺 勧修寺と醍醐寺は自動車で行くととても近くですが、勧修寺は山科区、醍醐寺は伏見区です。勧修寺は花菖蒲を目当てに訪れました。醍醐寺は「醍醐の花見」と行きたかったですが「時すでにおそし」で桜やもみじの新緑を楽しみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/21 20:28
上洛
上洛 久しぶりに自動車で京都に行ってきました。したがって、公共交通機関では行き辛い所、しばらく訪問してなかった所を中心に訪ねてきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/20 20:57
大坂の陣
大坂の陣 2014年、2015年が大坂冬の陣、夏の陣から400年を迎えるそうです。大坂城では「大坂の陣 400年天下一祭」と称したイベントが行われています。 それにしても、外国人の観光客が多いですね。驚きました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/13 21:53
駿府の花見
駿府の花見 駿府公園には駿府城跡として天守閣はありませんが、巽櫓、東御門、坤(ひつじさる)櫓が再現されています。大権現様顕彰四百年を偲んで花見です。とくとご覧あれ! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/03 22:16
石馬寺を訪ねて
石馬寺を訪ねて 名前の由来は、聖徳太子がこの地を訪れた際に、太子の馬が石として化して沼に沈んだことから名付けられたとも言われています。聖徳太子が建立したという、1400年の歴史を持つ馬の寺を訪ねました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/30 21:12
富士五湖の秋景色
富士五湖の秋景色 河口湖の紅葉は深紅の色づきが好きですが、今年は訪れが早かったのか、今一でした。富士山も雲に隠れがちで、お気に入りショットが少ない結果となりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/16 20:03
甲州の秋景色
甲州の秋景色 秋と言えば柿、柿といえば干し柿、軒下にぶら下がる干し柿の景色を撮りたくて、甲州市塩山を訪れました。ついでに、武田信玄の菩提寺、恵林寺の秋景色も堪能しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/15 21:30
楓のお寺 長円寺
楓のお寺 長円寺 茅野市の駅にある観光案内所で紅葉の見所を尋ねて「最近有名になったので駐車場がいっぱいかもしれない。」と言われ半信半疑で訪ねてみました。いやぁー、こんな紅葉初めて見ました。深紅です。赤一色です。真っ赤に染まったお寺の景色をご覧ください。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/08 22:41
道後温泉
道後温泉 「千と千尋の神隠し」のモデルになったと言われる道後温泉本館を訪ねました。残念ながら館内は撮影禁止!でも、日本最古といわれる温泉街を撮影です。温泉情緒の雰囲気を味わって頂ければ幸いです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/31 22:55
松山城
松山城 お城を訪ねるとそのお城に纏わる武将に思いを馳せるものですが、松山城の坂道を歩きながら「その坂道を登っていけば、その空の上に浮かぶ雲に手が届くかも知れない。」何故か、坂の上の雲の秋山兄弟や正岡子規の生まれ育った明治初期の時代が思い浮かびました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/30 21:36
晩夏の町並み景色
晩夏の町並み景色 長浜といえば、戦国時代、ドラマの中心地、そんな長浜の黒壁スクエアを訪問しました。晩夏のレトロな町並みをカメラで切り取ってみましたので、ご覧ください。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/08 21:22
あじさい寺
あじさい寺 お寺の境内には紫陽花が良く似合います。なぜでしょう?今回は森町にある極楽寺(あじさい寺)を訪問しました。時期が早すぎたのか、紫陽花はあまり綺麗に咲いていませんでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/06/16 21:48
城下町
城下町 犬山城周辺の風景です。風情のあるお店、新緑のもみじ、犬山城の順にまとめてみました。ご覧ください。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/09 23:18
紀州南高梅と和歌山城
紀州南高梅と和歌山城 和歌山城は1585年に羽柴秀吉が弟の秀長に命じ、藤堂高虎が普請奉行を勤めて創建されました。その後、1619年徳川家康の十男・頼宣が拝領して、御三家紀州藩が成立しました。 やはり、風格のあるお城ですね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/01 11:51
黒田官兵衛が築いた中津城
黒田官兵衛が築いた中津城 大河ドラマ黒田官兵衛が築いた中津城を訪問しました。豊臣秀吉による九州平定後、この功績が認められた官兵衛は豊前六郡を与えられ、統治の拠点となる中津城を築城しました。 中津城は周防灘(豊前海)に臨む大分県の中津川河口にあり、梯郭式の平城です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/18 20:27
門を閉じた清洲城
門を閉じた清洲城 清洲城と言えば織田信長ですね。信長と家康の清洲同盟、信長亡き後、跡目相続の清洲会議など、このお城で行われたことは有名です。生憎、休館日で”門を閉ざした清洲城”でしたが、周辺からの清洲城をご覧ください。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/02/08 11:13
駿府城跡
駿府城跡 駿府城跡へ行ってきました、と言うと“???”と思われるかも知れません。そう、駿府城公園です。坤(ひつじさる)櫓が完成間近と聞いて立ち寄って見ました。今回は東御門、巽櫓、坤櫓、紅葉山(もみじやま)庭園の“古の美”です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/17 20:39
紅葉の山寺
紅葉の山寺 “岩にしみ入る蝉の声”の季節は過ぎ、紅葉は見ごろ前との情報でしたが十分楽しめました。今回は滞在時間が短く慌ただしい観光でした。次回はゆっくり蝉の声を聞いてみたいと思います。ともかく、紅葉でまとめた山寺の景色をご覧ください。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/11 10:48
大阪城界隈
大阪城界隈 雨の中、大阪城界隈を歩いて写真に収めました。訪問したのは10月だったので、今頃は銀杏並木の葉も色づいていることでしょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/10 23:13
彦根城お堀めぐり
彦根城お堀めぐり 彦根城の場内からのライトアップを撮りたかったのですが、開場は17時で終了するため、18時からのライトアップには場内に入れません。やむなく、撮影ポイントを探しながら、お堀の周りを歩いてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/07 20:04
吉田城と豊橋公園
吉田城と豊橋公園 豊橋公園を訪ねました。豊橋公園には吉田城があります。吉田城は今川氏親の命により築城され、築城当初は今橋城と呼ばれ、江戸時代には吉田藩の政庁としての役割をなし、明治維新後は豊橋城とも呼ばれました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/29 19:36
明治・大正・昭和の工場を訪ねて
明治・大正・昭和の工場を訪ねて 先日、映画の撮影に良く使われる建物があると聞き、早速訪ねてみました。でも、そこは北河製品所という工場で“関係者以外立入禁止”の看板が・・・。 事務所で写真を撮りたい旨を伝えると、受付ノートに氏名等を記入し、撮影許可をもらえました。今でも残る明治、大正、昭和の良き時代へタイムスリップです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/08 12:31
SAGA 〜佐賀城周辺街歩き〜
SAGA 〜佐賀城周辺街歩き〜 所用で訪れた鳥栖市は、公共交通機関でアクセス出来る観光名所が見つからなかったので、佐賀市内まで足を延ばし佐賀城跡周辺を歩いてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/27 20:59
水前寺公園
水前寺公園 水前寺成趣園(すいぜんじじょうじゅえん)が正式な名称で水前寺公園が通称だという事を初めて知りました。桃山式池泉回遊庭園で1636年、細川忠利がこの地に「国府の御茶屋」を設け、その後80年をかけて完成した大名庭園です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/27 12:24
熊本城
熊本城 熊本城は遠い昔、高校の修学旅行で訪れたことがありますが、ぜひもう一度訪れてみたかったところです。さすが日本三名城の一つだけあって、見ごたえ、撮り応えがありました。 熊本駅の観光案内所で頂いたパンフレットを参考に熊本城ビューポイントをめぐりカメラに収めてみましたので、ご覧ください。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/26 17:05
白川郷の春
白川郷の春 白川村にも春がやって来た。白雪に覆われた白山が山肌を現し、里山は新緑にあふれ、春花は咲き、水田に稲が植わる、この季節の合掌造りも美しい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/07 23:18
石垣の要塞、丸亀城(四国のお城 PartV)
石垣の要塞、丸亀城(四国のお城 PartV) 丸亀城は、高さ日本一の石垣があり市内から見上げるお城は威風堂々としています。石垣の高さは総高60メートルもあり、三の丸までは地獄の坂(見返り坂)を喘ぎながら登り、天守まで到達するのに息も絶え絶えでした。別名、亀山城や蓬莱城とも言われます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/27 20:32
川之江城(四国のお城 PartU)
川之江城(四国のお城 PartU) 川之江城は讃岐、阿波、土佐との国境であったことから隣国との争いが多く、激戦の地だったようです。別名、仏殿城といわれるように本来は仏閣でした。1984年に建築されたもので、史実通りに再現したものではありません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/26 20:42
日本一の海岸平城、今治城(四国のお城 PartT)
日本一の海岸平城、今治城(四国のお城 PartT) 今治城は関が原の合戦の功績により、藤堂高虎が瀬戸内海に面した海岸に築いた平城で、お堀には海水を引き込んでいます。別名吹揚城(ふきあげじょう)とも言います。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/05/25 21:39
ぶらり、長浜!
ぶらり、長浜! ぶらり途中下車ではありませんが、用事で訪れた長浜駅周辺を歩いてみました。ここは歴史の街、浅井長政とお市、茶々、初、江の三姉妹、秀吉、石田三成と歴史上著名な人物が続々と思い浮かびます。そんな古を偲んで、私流の写真を撮りながら、町並みを歩いてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/30 20:05
長浜城
長浜城 アートな長浜城です。OLYMPUSのアートフィルターをフル活用して仕上げてみました。古の美にはなぜかアートフィルターが良く合います。下手な写真が上手く見えてしまいますね。桜の花も来訪を待っていたかのように、僅かながら咲いていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/29 21:11
札幌観光
札幌観光 札幌へ行ったついでに小樽にも寄ったのですが、写真は小樽のついでに札幌でも撮って来ました。札幌といえば時計台と赤レンガ(北海道庁旧本庁舎)でしょうか。41年ぶりの訪問でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/20 12:52
北の運河
北の運河 北海道は前日から明け方まで暴風雪が続き、早朝の搭乗便も新千歳空港に着陸できない可能性も有り、小樽観光は諦めていたのですが、到着してみると急激に天候が回復し、小樽駅に着いた11時すぎには晴れ間も見える状態でした。雪が多くて行動範囲は限られましたが、雪に埋もれた冬の運河を満喫する事が出来ました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/19 20:55
やきもののある景色
やきもののある景色 10年前に小高い丘の上から見た煙突のある風景が忘れられず、“やきものの町”常滑を再び訪れてみました。何故か、ここは忘れかけた古の時空間に戻れるような雰囲気がとても好きです。今回はOLYMPUSのカメラとソフトの機能である“アートフィルター”を使って仕上げてみました。 アートフィルターはトイフォト、ドラマティックトーン、ジオラマ、ジェントルセピアを使用しました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/03/18 16:52
代官屋敷の梅
代官屋敷の梅 2月半ばになると、黒田家代官屋敷に足が向きます。満開とは行きませんでしたが、綺麗に赤白の花が咲きほころんでいました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/02/16 15:53
秋、赤く燃ゆる
秋、赤く燃ゆる 吉香公園の紅葉を紹介すると言ってもピンとこないと思いますが、岩国にある錦帯橋を渡った先が吉香公園、紅葉谷公園です。秋色に染まった岩国の景色を紹介します。日本三名橋の一つ錦帯橋、岩国城と併せて、てんこ盛りです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/25 21:37
そうだ 嵯峨野、行こう
そうだ 嵯峨野、行こう 京都に行く用事があり、紅葉見ごろ情報では色づき始めの状況を承知の上で、今年JRキャンペーン「そうだ 京都、行こう。」で紹介されている二尊院を訪れました。また大覚寺の紅葉も同様でしたが、部分的には見ごろの場所もあり、錦秋の古都・嵯峨野を楽しめました。(2012年11月7日撮影) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/12 08:54
昭和の町、石岡の夕日
昭和の町、石岡の夕日 茨城県石岡市には昭和初期の建物が沢山残っています。そして今でも中町商店街として色々な店を営んでいます。まさに“ALWAYS三丁目の夕日”の世界です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/30 22:31
長浜
長浜 長浜は琵琶湖の東岸に面し、秀吉が整備した城下町、北国街道、姉川の合戦、竹生島への玄関口として知られていますが、今回は豊公園にある近江長浜城を訪れました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/07 10:19
京都大原(文月の京都・その2)
京都大原(文月の京都・その2) 雪の積もった大原や紅葉の季節も良いですが、新緑に染まる大原も良かったです。文月の三千院と寂光院の景色をご覧下さい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/08 21:06
京都伏見(文月の京都・その1)
京都は伏見の名所・旧跡を回ってきました。紫陽花には一寸遅かったですが、初夏の京都を堪能しました。お馴染みの名所・旧跡ですがご覧下さい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/08 20:30
紫陽花 in 北鎌倉
鎌倉の紫陽花といえば、江ノ電にのって成就院、長谷寺などでしょうが、今回は北鎌倉の明月院、円覚寺、東慶寺を訪ねました。この季節、雨が降ってもあまり気になりません。紫陽花には雨が良く似合います。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/22 21:10
岡山後楽園
岡山後楽園を訪れるのは昨年の2月に続いて2度目です。(2011年2月26日 【古の美】岡山城&後楽園としてBlog掲載) やはり2月の景色と6月の景色では一変しますね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/19 18:16
桜の樹の下で
牧之原市東萩間には、とてもレトロな雰囲気の東萩間公民館があります。定かな記憶ではありませんが、昔は東萩間小学校の校舎ではなかったでしょうか?建物の横には大きな桜の樹があり、花を咲かせていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/02 11:59
桜シリーズ (その7:風林火山)
山梨と言えば武田信玄、武田信玄と言えば風林火山ですが、武田氏滅亡後に甲斐を領した徳川氏や豊臣系大名が甲斐を支配し、甲府城(別名 舞鶴城)を築城したことはご存知ですか?その舞鶴城公園の桜が開花情報で満開になり、武田信玄の社だった武田神社の桜と併せて写真を撮りに行って来ました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/04/11 20:01
桜シリーズ (その6:身延山)
日蓮聖人が開山した身延山久遠寺のしだれ桜を見に行って来ました。樹齢400年を超える桜が満開を迎えた様は見事でした。これぞ日本の美、古の美だと感じました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/11 19:03
桜シリーズ (その5:小山城)
何故かお城には桜が似合いますね。今年は近隣にあるお城の桜をハシゴしています。第5弾は小山城の桜です。交通の便の問題はありますが、みんなで集まってお花見をするには絶好の場所ですね。 ともあれ、満開の桜をご覧ください。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/08 21:59
桜シリーズ (その4:掛川城)
掛川城は桜の開花案内ではあまり見かけませんが、晴天に恵まれた事も合って素晴らしい桜とお城を見ることが出来ました。宴は催せませんが桜を鑑賞するには結構穴場ですね。写真を見ればお解かりいただけると思います。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/08 08:29
桜シリーズ (その3:出世城)
浜松城は家康が天下を取り、幕府の要職に登用された歴代城主が多いことから、出世城と言われています。今更、出世は望みませんが桜満開のお城を眺めたくて“参上仕り”ました。丁度見ごろの桜と天守閣のコラボレーションをご覧ください。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/07 12:10
太閤さんのお城、大坂城
大坂城の別称は金城または錦城と言われ、姫路城、熊本城と共に日本三名城の一つです。大阪の街にそびえ立ち、天下を治める風格が漂います。生憎の天気で、粉雪も舞っていましたが「もうじき春だ!」とばかり蝋梅も華やかに咲いていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/02 19:43
国宝松本城を訪ねて
松本城は戦国時代に小笠原氏によって作られた深志城が始まりで、一時武田信玄が信濃支配の拠点としましたが、武田氏滅亡後、小笠原貞慶が深志城を回復し名を松本城と改めました。その後豊臣秀吉が天下を統一すると石川数正を松本城に封じ、数正、康長父子は城下町の整備と天守三棟、御殿、太鼓門、黒門、櫓、塀などを造り、近世城郭の基礎を固めたと言われています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/01/21 20:53
タイムスリップ(白川郷PartV)
遠い昔にタイムスリップです。今月初めに訪れた白川郷の昔は、きっとこんな感じだったのでしょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/20 10:59
金沢城
十数年前に兼六園を訪れたとき、金沢城は記憶に有りません。それもその筈、復元を始めたのが1999年です。菱櫓・橋爪門・橋爪門続櫓・五十間長屋が復元完了し、金沢城公園となっています。そして、2008年に金沢城址として国の史跡に指定されました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/13 21:27
雪吊り(兼六園)
日本三名園のひとつ、金沢の兼六園を訪れました。兼六園で先ず浮かぶイメージは雪吊りです。例年11月1日に作業を行うため、唐崎松の雪吊りを見ることが出来ました。紅葉は少し早かったようですが、晴天に恵まれ秋の名園を堪能出来ました。この次訪れる時は雪のつもった唐崎松を撮ってみたいものです。(撮影:11月4日) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/13 20:11
紅葉の村(白川郷PartU)
白川郷PartUです。紅葉をテーマにまとめてみました。白川郷といえば冬景色が思い浮かばれますが、秋景色も良いと思います。紅葉の見ごろには少し早かったようですが、あちらこちらで綺麗に色づいていました。(撮影11月3日) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/12 08:50
里の秋(白川郷)
今月初め、秋真っ只中の白川郷を訪れました。やはり藁葺き屋根の家並みは我々団塊の世代にとって心のふるさとなのでしょうか?遠い昔に戻ったような一日でした。掲載する写真は「里の秋」をテーマにピックアップしてみました。第二段は、近日中に「紅葉の村」をテーマに掲載を予定しています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/11 18:03
秋芳洞・秋吉台と防府天満宮
秋芳洞は東洋屈指の大鍾乳洞、そこには神秘の世界が広がっていました。約1kmの地底探検です。次は秋吉洞の正面入口から約700m入ったところにエレベータが有り、地上へ出ると日本最大のカルスト台地、秋吉台が広がっています。そして次なる古の美は防府天満宮です。防府天満宮は菅原道真を学問の神様として祭った天満宮で、京都の北野天満宮、福岡の大宰府天満宮と並んで日本三大天神です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/10/30 23:42
玄宮楽々園と彦根城
玄宮楽々園は江戸時代には「槻御殿(けやきごてん)」と呼ばれた彦根藩の下屋敷です。大池泉回遊(だいちせんかいゆう)式の旧大名庭園で、大きな池に突き出すように臨池閣(りんちかく)が立ち、築山には鳳翔台(ほうしょうだい)があります。この鳳翔台は、彦根藩の賓客をもてなすための客殿です。樹木・岩石・池を巧みに配し、近江八景、竹生島や沖の白石などを模して造られています。 生憎の天気で写真は満足いくものでは有りませんが彦根城と合わせてご覧ください。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/21 22:31
京都庭園めぐり
紅葉にはまだ早いこの時期ですが混雑していない京都の庭園を回ってきました。午前中は十円玉でお馴染みの平等院鳳凰堂です。午後は、龍安寺、仁和寺、退蔵院と庭園めぐりです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/06 19:52
曼珠沙華(応声教院にて)
菊川の応声教院に今年も綺麗な曼珠沙華が咲きました。曼珠沙華は、法華経などの仏典に由来します。”天上の花”という意味で、おめでたい事が起こる兆しに、赤い花が天からふってくるという仏教の経典によるようです。お地蔵やお寺に曼珠沙華が似合うのはそのせいでしょうか? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/05 19:52
トワイライト in 倉敷
倉敷PartU、夕暮れ時の倉敷美観地区の写真です。ブルータイムの加計美術館、倉敷川、アイビースクエア等々、何れもとてもロマンチックでした。今回は重い荷物を避けE−PL1(OLYMPUS)と簡単な三脚での撮影となり、画質は若干物足りなさを感じますが妥協の範囲内でしょうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/29 17:19
倉敷美観
倉敷美観地区訪ねました。柳並木と掘割、白壁、なまこ壁、蔦のアイビースクエアと古き時代へタイムスリップした雰囲気を味わうことが出来ました。古の美をご覧ください。なお、写真は朝早く人出のない時間のものと午後の写真が混ざっています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/29 15:01
蓬莱橋 in 島田宿
蓬莱橋の歴史は1869(明治2)年、徳川慶喜の幕臣達が大井川右岸にある牧之原を開拓し、お茶を作り始めました。生活が安定するに従って、島田への生活用品や食料品の買出し、また島田方面から初倉に山林、原野の開墾に出かけるようになり、島田宿の開墾人総代達は、時の静岡県令(現在の知事)に橋を掛ける願いを出し許可され、1879(明治12)年に完成しました。(観光案内の看板より引用) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/06 12:07
掛川城 冬の陣
掛川城シリーズの「掛川城 冬の陣」です。冬のテーマとして雪が積もることを期待していたのですが、今年も積もりませんでした。そこで、冬のテーマは梅と葉の落ちた木、枯れ草にしました。冬の雰囲気が出ているでしょうか? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/02 23:14
【古の美】岡山城&後楽園
岡山城は宇喜田秀家が慶長2年(1597年)に築城した城で、昭和20年の空襲で天守と石山門が焼失し、昭和41年に復元されたものです。天守は四重六階の複合式望楼型で外観は黒漆塗の下見板が特徴的です。この印象から「烏城(うじょう)」とも呼ばれています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/26 18:25
掛川城 夜の陣
「掛川城 ○○の陣」シリーズです。「夏の陣」、「秋の陣」、そして今度は「夜の陣」です。今のところ「冬の陣」のあてが無いので、後にこの写真が「冬の陣」に変わってしまうかもしれませんが・・・! とにかく「ライトアップ掛川城」を紹介します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/05 19:08
掛川城 秋の陣
8月に「掛川城 夏の陣」と題してこのBlogに掲載しましたが、今回は”秋”をテーマにして掛川城をメモリに収めてみました。紅葉を待っていたら12月になってしまい、掲載時期からすると秋のイメージが薄れてしまいましたが、やはり秋といえばもみじの紅葉です。お城ともみじをセットにしてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/08 10:15
平城の都、奈良の秋
平城遷都1300年の奈良に行ってきました。奈良巡りは2009年に見れなかった興福寺、東大寺を回り、そして西に向かい秋篠寺、最後に平城京跡 第一次大極殿です。 <興福寺> 興福寺はあまり紅葉がありませんが、一箇所だけ見つけました。 雲の切れ間から五重塔の真後ろに太陽が輝き、丁度ろうそくの火を灯したようでした。 <奈良公園、東大寺> 奈良と言えば鹿、鹿といえば紅葉でしょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/03 14:54
京都東山の秋
少し見ごろを過ぎていましたが、京都東山の紅葉をはしごしました。永観堂、高台寺、清水寺はすでにご紹介しましたが、泉涌寺、今熊野観音寺、南禅寺にも綺麗な紅葉がありました。 <泉涌寺(せんにゅうじ)> ほとんどの観光客が東福寺へ向かう中、泉涌寺の紅葉を見に行ってきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/03 13:50
紅葉のライトアップ! 高台寺と清水寺
2008年秋に高台寺の紅葉ライトアップを始めて観て感動したのですが、その時は残念ながら写真が上手く撮れませんでした。今回、そのリベンジです。蹴上駅から南禅寺、永観堂まで行きUターンして高台寺まで戻ってくると、さすがに疲れました。でも、夕闇と共にその疲れを忘れさせる、光ともみじの演出が待っていました。 <ライトアップされたもみじ> ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/02 22:17
見ごろを過ぎても、ため息の出る「もみじの永観堂」
11月末になると、紅葉も見ごろの場所は残り少なくなっています。もみじの永観堂禅林寺はインターネットの情報では、すでに見ごろを過ぎていましたが、それでも素晴らしい紅葉が残っていて、ため息の出るような紅葉の景色を堪能しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/02 20:22
小国神社&大洞院、紅葉真っ只中
紅葉真っ只中!シリーズ、今回は小国神社と森の石松のお墓で有名な大洞院の紅葉です。小国神社は平日(25日)にもかかわらず、1.5km手前で渋滞、東側から行けばよかったと反省です。境内を流れる宮川沿いの紅葉は、ちょうど見ごろを迎えていました。 特に宮川に掛かる赤い橋の上流が綺麗に紅葉していました。赤く輝くもみじのトンネルです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/27 15:25
掛川城 夏の陣
掛川城は、室町時代に駿河の守護大名今川氏が遠江進出を狙い、家臣の朝比奈氏に命じて築城させたのが始まりですが、その後事実上の天下統一を果たした豊臣秀吉の命により”内助の功”で有名な山内一豊が入城します。 山内一豊は戦乱で傷んだ城の大改築を実施し、同時に城下町の整備を行いました。 現在の掛川城は1994年に木造天守閣として復元されたものです。天守閣の再建にあたっては、山内一豊が築城した高知城を参考に、残された図面に基づき忠実に復元しました。 掛川城の横を流れる逆川の堤には芙蓉が花を咲かせていま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/31 15:31
片倉小十郎の白石城
「俺が行かずば誰が行く!」 と言うことで、片倉小十郎(戦国BASARAで人気)が城主だった白石城に行ってきました。ただ、朝早く出かけたので開門前で、中には入れませんでした。 白石城は中世末期頃、地元の士豪白石氏の居城でしたが、慶長七年(1602)以降は仙台城の支城として伊達家の重臣片倉氏が代々居城し、元和元年(1615)の一国一城令後も例外的に「城」としての存続が認められました。 明治維新時には白石城で奥羽越列藩同盟が結ばれるなど、歴史が大きく転換する時にたびたび登場し、重要な役割を果たして... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/01 14:24

トップへ | みんなの「古の美」ブログ

美しき世界を求めて 古の美のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる